潔癖って...人間的 or 非人間的...^^;...?

イメージ 1
運転者の安全の確保はずいぶんと考えられてきた...but...

また観光バスの衝突事故が起こった...みんな怒らなきゃ!!
いつも、運転手が悪いとか、運営会社の勤務行程に無理があるのではないかとか...って追求されるけど...居眠りすることだってあるのが人間!! そんなの前提/織り込み済みの車作りしてくれてるんじゃないの?って、なぜ怒らないんだろ?...欠陥品じゃないのかって!!

知ってますか?...こんな例がある...
あるコンビニで働いてる方が、オーナーから週4回の夜勤してくれって言われ、それが嫌なら辞めてくれって言われたので、夜勤は身体的に今の状況では無理だという診断書を書いてくれって...それも、オーナーに言われたそうだ!!...わたしは労働基準監督署に相談することを勧めた...労働者の権利を守ってくれるところのはずだから...
労働者は儲け主義のオーナーの前ではいやでも厳しい労働条件を呑まなきゃ生活できなくなるってなバックグラウンドが常にあるような気がする...
あと、タクシーの運ちゃんから聞いたんだけど...海外からのツーリストが増えてきて...外人の方は日本人のようにパンクチュアルじゃないから...スケジュール通りに運行できない...で...どうしても途中をぶっ飛ばして帳尻合わせをしなきゃならなくなることが多いってさ...
祇園での事故だって...すでに書いたけど...車は凶器にもなりうるってことはみんな知ってる...なら、フェイルセーフ/フェイルプルーフなるものを作らなきゃ!!

http://ja.wikipedia.org/wiki/信頼性設計 より

フェイルセーフ設計 

フェイルセーフ設計(Fail safe design)とは、機械は必ず故障が発生するということを念頭に置き、故障が発生した場合にも、常に安全側にその機能が作用する設計思想。
機械であれば、「仮に故障した場合、壊れたまま動作することによって、周囲に損害や危険を及ぼすことの無い設計」をいう。例えば
  • 壊れやすい部分を設けておき、高い負荷がかかった場合に意図的にその部分が壊れるようにしておくことで、全体が動作しなくなる、など。
電気のヒューズは、電気機械のショートなどによる過電流が流れると焼き切れ、機器の過熱による他の部品の故障や、使用者への危険を回避することができる。
適用例 電気のヒューズ、ボイラーの安全弁、交通信号機、電車の車両の非常ブレーキ機構

フールプルーフ 

フールプルーフとは、間違った操作方法でも事故が起こらないようにする安全設計のこと。

フールプルーフの事例 

  • 乳幼児が医薬品などの蓋を開けて中身を飲み込み重篤な事故に至ることがある。医薬品を製造する企業はこれら事故への方策として、蓋を回すだけでは開かない仕組みとして特定のボタンを押しながら回さないと開かない仕組みを考案して対処した。乳幼児が一度に二つ以上の操作は出来ないことを逆用したもの。アメリカでは有名な保護法である。
  • 人工呼吸器酸素濃度設定の設定プラグ類は、機械の設計・製造の時点で21%から下限には設定出来ないように製造されている。一般的な標高地で使用の際、大気圧下・気温での酸素分圧は、およそ21%であるからである。これも一つの「馬鹿避け」と言う観点から、研究され応用されているものである。
類似の意味として、機械が故障しても安全装置などが作動しするといった、安全システムを付加しておくというフールセーフティ (Foolish Safty)がある。また、工場などの生産ラインを主題とした文脈においては、このようなフールプルーフの仕組みがポカヨケと呼ばれる。

冗長性設計 

設計の世界において2重に対策化を講じておき、システム全体の信頼性を増加させる手法を冗長性という。
機械は通常多くの部品から成り立っており、部品のひとつが破壊したとしても機械全体が連鎖的に停止してしまう場合が生じる。このようなことが起きないために、部品故障があっても他の部品によって機能を代替できるようにするなど、故障を予め考慮した構成の機械としている。こうした、故障時の代替機能を果たす機能を「冗長系」と呼ばれ、こうした冗長系を有するような設計、すなわち冗長性設計を行うことで、設計の信頼度を高めることができる。・・・」

居眠りしようが、てんかんが起ころうが、低血糖になろうが、不整脈発作が起ころうが...ようは運転手の意識がなくなったときダッチロールするに決まってるような今の製品は欠陥商品でっしょ?誰が運転したって構わないようなものでなきゃいけないと思うけど?...そのときには...教習所がいらなくなってしまう?...マニュアル運転もできるようにしてることが保険多くかけることになる=フェイルセーフ的だから、習わなきゃいけないでしょうが...映画じゃないけど、運転手に何かがあったときでさへ、オートマチックな走行が可能になるような商品にして欲しいわけ!!...あるいは別な視点から...むかし、教習所の先生がおっしゃられてたけど...そもそも車と歩道が同じところを走ってるから、交差点が立体化されてないから起こるに決まってる...って話を思い出す...あれから30年近く経ってるけど...立体交差は増えたんだろうけど...歩道と車道の立体化はまだまだだよねぇ...!!...これなら...車道と歩道が交差しないから...暴走しても祇園のような事故はなくなるはず...ま...車本体そのものとそれが走る道路の観点からとか...多面的な発想で取り組んで欲しいですね!!

上の、オーナーの件は...「それほど言うなら自分でやってみせてくれって言ってみな!!」って言ったんだけど...「最初は何回かついてやる、それでできそうになきゃ辞めろ...」ってなことらしい...少しまともに聞こえてきた...ま、一方的なる話だから...「わたしゃよくわからないから、診断書を書くなら書いてもいいけど、その前にオーナーの言ってることが正当なことなのかどうか確認してみたら?そもそも不当なら診断書をわたしが書かなきゃいけないこともなくなり、あなたもそんな診断書料金を支払うこともなくなるわけだし...市役所か労働基準監督署だろうなぁ...」...市役所にそういう相談窓口があるはずだと思いたいけど...?
ほんとうに労働者を大切に思うオーナーなら、雇い入れ時健診で引っかかってるはずなんだから、産業医に相談すればいいのよね?これこれで病院にかかってる方なんだけど、週4夜勤ってのは可能なんでしょうか?って...それから話をはじめて欲しいと思うわけ...

あと思ったのは...日本人が一番パンクチュアルだって言われ続けて久しいけれど...それがはたして人間的な美徳なんだろかってこと?...日本の常識は世界の非常識じゃないけど...世界の大半が遊びをまとった余裕の時間で生きてるんだとするならば...いろんなスケジュールもそれに合わせた方がいいんじゃないのかなぁ?...だったら、少々時間が遅れようが、当たり前って思えばぶっ飛ばすこともなくなる...最初から向こうの方の時間ペースでのスケジュールにしとけばいいと思うし...それか...日本人観光集団のようにツアコンのあとをアヒルの親鳥のあとを子供らがゾロゾロとついて行くアヒルの行列方式に徹底しちゃえば...パンクチュアルなるスケジュールは貫徹されるかもしれないし、郷に入っては郷に従ってもらおうじゃありませんかって姿勢を貫くことがかえって...他国の文化と触れ合うことに通じることになるかもしれないんだものね!!...カルチャーショック/フリクションあって初めて自他の区別に悟れる...それが旅行の醍醐味の一つでもあるわけだから...^^
punctual...時間に対して潔癖過ぎる...時間の奴隷とも言える...時間があることに気づいてるのは...おそらく人間だけじゃないのかなぁ...その意味では「人間的」と言えるけれど...それを錦の御旗で管理するのは...「非人間的」じゃないのかって思いません?...
わたしの机の上が汚いとみんなのたまう ^^;...そんなの大きなお世話なんだけど...
わたしから言うと...みんな潔癖過ぎやしませんか?...って問いたい...
「潔癖」は...病的だと思ってしまうわたしがいます...少なくとも自分だけにとどめておいて欲しいわけで...それを他人の領域にまで及ぼすことは内政干渉...大迷惑になってるかもしれないことにも思いを及ぼして欲しいのよね...何事もある色一色で塗りまくろうって発想でもたらされる社会はモノトーンになってしまう...それは退屈で窮屈で窒息しそうな世界です...たとえていえば...学校、病院、刑務所みたいな世界になっちゃうと思ってる...^^;

何やかやごった煮/坩堝な話になってしまったかいなぁ...Orz...
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

スモークマン
>みぃにゃんさんへ ^^
人は飢餓からの脱出のためにはたとえ人でも食べちゃう...それで絶滅に至らしたものもあるのよね...?...牛だって...神聖なるものってことにしてなけりゃ...とっくに消えてしまいそうに思えたからこそタブーを設けた可能性もあるのだろうかねぇ...?...欲望がある限り際限のないバブルが常に生起する...でもその欲望のママに任せることが全体では均衡するっていうのが「神の見えざる手」だと理解してるんだけど...^^
話はつながらないと思うけど...最近読んだ本に...日本とアメリカ人が相性いいのは...どちらも故郷を捨てた民が作った国だからだってなことをおっしゃる方がおられる...とするならば...もう逃げるところはないから...地動説で自分の世界観をばらまく/宣教するしかないことになるわいなぁ...^^;...?...なんの話じゃ...Orz...

No title

みぃにゃん
御忙しい所、お返事有難う御座います。
>日本食の件は、微妙に変わるかも知れませんが…その段階まで行けば…何を言われても…鯨は有り難いおかずに成るでしょうね。
犬猫も減るかなあ…?

縮小均衡と言うのは、ゼロサム社会とも違うので…。
そう言う意味では、簡単で無さそうですね。

魚と海・国際標準・移民、この三つが、キーワードかなあ?
m(__)m

No title

スモークマン

格差を維持したいセレブ層/抵抗勢力が資本主義から生まれてしまうのは必然なきもするけど...民主主義の元手は貧困層のものたちの臨界点を迎えたらば社会システムは変わるはずだとも思える...日本全体が貧乏になることとは別な話だけどね...but...貧乏と幸せとはまた別次元なる話だとも思ってる...人類は飢餓からの脱出を求めて農業を発明したように...帰がさえなければとりあえず困らないってな社会...たとえ寿命が縮んだとしたって...今の快楽だけしかないと思ってるのは単に洗脳されてるだけかもしれないんだし...^^;...日本でまかなえる食料とエネルギーに見合った人工に均衡した社会になるんだと...いくらもがこうがそうなるに決まってるとも...メタボは解消され、生活の中身もそれに適応したものに自然と変貌するんだと...
エネルギーはソーラーに期待したいし...食料ももともとの日本食にもどる...今の飽食は食欲の暴走の極みかもしれないわけで常軌を逸してるのにそれが当たり前と思ってるだけかもしれません...
ずれてるか...^^;...Orz~

No title

スモークマン
>みぃにゃんさんへ ^^
都市は人工的なもの...その保守管理は必要不可欠にて、その管轄責任者は必要だと思うんだけど...だから、フェオルセーフなるシステムを更新して行くしかないわけだと...津波だって想定外ってことなら次回に向けた叡智で対策を練り直さなきゃならないし...ただ、今回は人が作ったハードを操作するのは人工物なるロボットじゃないわけで...いわば人と人工物のハイブリッドな代物...未来からみたら過渡期なる乗り物が今の車なんだ...おそらく...とすると...不完全なる人間によって操作される車自体のフェイルプルーフも考えなきゃ何回でも起こるに決まってる...と思うわけ...^^; ↓

No title

みぃにゃん
スモークマンさん、有る意味、正直な日本人は、
権力と、一定の独占をしている部分に、無理やり悪役を求めるのか?
些細で古い、道路構造の欠陥(確かに欠陥では有るのは事実)を見つけて、指摘するテレビ報道が出ています。
防音壁とガードレールの繋がり方です。

日本も、かなり、明白に貧乏な層が形成される様に成りました。
それも、限界集落とは限らず・・・都会にもです。
これと、エコ問題が、両側からサンドイッチすると、
必ずでは無いけど…嫌を無しの選択で、デモシカバスに乗る人が居ます。短距離でも、原付よりバスのエコとか…起きています。
ほのぼの猫ブログなので…記事にしないけど…と言うお友達も居ます。

500字では書ききれませんが…貧乏に成って行くと言う事態には、勤勉な人は、却ってどうしようも無くなるのかなあ。
この勤勉な人は、案外日本人全体に当て嵌まるかも知れないと、恐れています。

No title

スモークマン
>みぃにゃんさんへ ^^
わたしの狭い見聞だけからの直感、疑問でしたが...メーカーやら国やらはどう思ってんだろねぇ...?...今更仕方ないくらいの車漬けになってしまってるから...せめて大量輸送機関のバスからでも安心/安全第一で...少しは高くてもそちらを選ぶと思うけど...何度も同じことが繰り返されてるような気がするんだけど...本気でどうにかしなきゃいけないと思って取り組んでくれてると思ってるけど...Orz~

No title

みぃにゃん
群馬の高速ツアーバス事故、あたしも、資料を集めてみました。
スモークマンさんの見ないような、マニアックな資料がたまたま、近くに有ったので…取り敢えずは、資料集。
考察・議論はこれからなのですが・・・
TBさせて頂いて置きます。

まあ、市場原理を言うと簡単ですが…巧みに非難を潜り抜ける、新興の大手も有り。
悲しい事に、零細業者の方が…欲深だった→悪質業者と呼んで終わりと言う結果では、次に、別の業界で同じ構造の事故が起きますね。

新規参入を阻止するだけでも行けないでしょうから・・・。
難儀なところです。
非公開コメント

トラックバック