損は先にしない?...

イメージ 1

生命保険のこと考えてた...
人は確実に死ぬわけで...そのとき生命保険は支払われるわけですよね?
確実に死ぬのがわかってるなら...香典の先受付じゃないけど...^^...(これはお互い様でなしねってことにされた...^^;...)...先払いしていただけないんだろか?
補償額がたとえ割安になろうが...死んじゃ使えない...
定年迎えたらそれで遊びたいじゃん...?
どうせ支払われるってなら...生命保険会社にとっては同じことではないのかな?
ちょっと海外に遊びに行ってくる分だけそこから崩して使えるようにしてもらえないのかいなぁ?
実際に死んだときゃ、差し引いた分だけ支払えば同じだと思うんだけど?
生きてる限り、年金から天引きし続けられることは同意するなら...担保として?
長生きするほど生命保険会社は儲かるじゃん?
若いときに引き出しちゃうと、そのあとリストラされたときに保険料が徴収できないリスクを負いたくないってわけかなぁ...?
本人にとっての保証金じゃないって代物なんだねぇ!!
本人は死んだあとも家族が困らないための保険!!
本人にとっちゃ本当の死に金...^^;...Orz...
今後、独身が増えて...or...共稼ぎが増えたらば...保険金なんて代物は不必要になるかもしれない...?
明日からオペ入院になるんだけど...万一死んだら...わたしゃ...その生命保険金ってものを見ずして/使わないまま逝っちゃうわけ...がん保険なんてのはどうなってるんだろねぇ?
ジョブスさんなんてそれを降ろさなくたって何ら困らなかったはずだけど...あと余命数ヶ月ですって宣告された暁にゃ...降ろして本人が使えるってシステムになってんだろか?
たぶんなってるはずなのよね?...だって...生命保険とは別に掛けてることが多いわけだから...それは本人用の保険だと思えるじゃん...動ける間に、世界1週旅行くらいでキル額は使えるようなものであって欲しいけどねぇ...^^...わたしゃ...自分がどんな保険に入ってるのかなんにも知らない...Orz...
上の意味からしたら...本人はなんにも知らなくても何ら困らないってな代物でもあるならなんにも問題はないってことなんだよね...^^;...
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック