蒸し暑かった学会行...^^;;;

イメージ 2

風邪引いたままの単独行でした...
後輩は今回は日程が合わず、わたしゃ最終日のポスターセッションだったものだから前日の午前外来終えて出かけた...こちらは申し分ない爽やかな天気だったのに...東京は小雨...蒸し暑かぁ...^^;;;
予約の部屋があまりに旧いもので...もっと新しい部屋を希望すると運良く違うタワーの部屋が+1000円で取れた♪
イメージ 1

出かける前にいつもどっさりと購入してるサンドイッチがこんな日は身を助けてくれる♪
新幹線のなかでめぼしいペーパーにはすべて目を通してたから...極楽とんぼの時間を過ごす ^^v

イメージ 3

鼻水出てるのでPLと葛根湯と降圧剤飲んでベッドで持参の本読んでたら朝まで寝れてた♪
当日の朝は昨日よりかずっといい天気!!
イメージ 4

早速、近くの会場に出かける...学会の抄録集だけでも重い...
それに90cmの丸めたポスターを鞄2個もって運ぶ体力は無駄だし無理 ^^;...サービスセンターみたな所に預かってもらえたので身軽になれた♪
参加費20000円也!! ずいぶんじゃないかい?...6000人集まってるらしいってのに...こんなにとるなんて...ま、いつものこととはいえ...事前に払ってれば-3000円ですんだんだけど...それ怠ってたわけです...^^;
ポスター貼って、作ってきたのは掲示板からはみ出した...?...ちゃんと計算してくれたはずだったはずなのに?...裾の方を盤の固いふちに無理矢理ピンで留めた ^^;...ポスター入れてきたビニール袋の処置に困った...鞄持って来なかったからなぁ...で...ポスターの裏側にそれを封じ込めることにした!! 少しぶよぶよしたけど遠くからみても違和感ないって、薬メーカーも展示場出してるんだけど(ブースっていうんだったっけ?)、そこのお姉さんに確認してもらっても大丈夫~~~のお墨付きいただけた ^^v...そのあと、午後のポスター質疑応答時間までは上の会場の講演を聴きに行く...目がしょぼしょぼしてる...館内は蒸し暑いし禁煙...わたしゃムンクの「叫び」を押さえるために何度も館外の喫煙スポットまで足運ぶ...^^;
イメージ 8

普段から疑問に思ってたことを渡りに船のようなセッションあったので教えを乞う質問させていただけた♪...タイミングが良かったのかどうか...そのあとの先生がわたしの疑問とオーバーラップするご講演をされたのよね!!...わたしゃ...抄録も読んでないものだから...ま、前座になったなら幸いですけど...Orz...
ランチョンも運良く食券乱発されてた?からか今回は飯にありつけた...鼻詰まってるし...味なんてわからず...そこでも聞きたいことがあったので質問させていただいたんだけど...十分わかってない領域なんだってことがわかったかな...^^;...Orz...
いよいよポスターセッションの場所に移動するも...数人の方が前に立って眺めてくださってるんだけど、どなたも演者のわたしに質問してくださらない...っていうか...わたしを含めて演者がどこにいるのかわからなんじゃないのかいなぁ...?...黄色のリボンを胸につけてるんだけどね...工事現場の人が被る赤いピカピカの黄色いヘルメットを被ってればまだしもだと思ったよ ^^
前の病院にいたとき治験でお世話になったという某メーカーの若い研究者の方が挨拶に来られた...けど...わたしゃ忘却...でも、近いうちに市場に出せるげなお話をされてたので「おめでとう!!」って握手はしなかったけどお祝い申し上げると喜ばれてました♪ 一つの新薬が日の目を見るのって僥倖(ぎょうこう)に近いんだろうと思ってるからね!!   

ポスターの撤収は某メーカーさんにお願いして帰路につく...そんなに急いでどこに行く?憩いのスポットでもあるってか?ないのよね...but...蒸し暑かったし早く美味しいコーヒーが飲みたいだけで会場をあとにした...鞄を預けてたことはさすがのわたしも覚えてて...そこで服着替える...ワイシャツはじっとり汗で重かった...
イメージ 5

イメージ 6

品川の駅構内で見つけた喫茶店がオアシスに見えたもので...アイスコーヒーあっと間に飲んだあとそこでついでに土産も物色してたらミニカップで何杯もホットコーヒーを試飲勧められる...こんなに飲めるんだったら店内で飲まなくてもすんだよぉ~って言ってるわたし...Orz...しこたま土産買い込んでわたしの旅は終焉を迎えた...^^

イメージ 7

もう間もなく田植えが始まるんだなぁ...これから日本の原風景が全国で展開して行くのよね...往く春来る夏...遠くで蝉の声が聞こえたような気がしたのは気のせいか...♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック