開業資金ファイナンス...^^

イメージ 1
これは動物病院ですけど...素敵な雰囲気🌸
人間の病院よりも優しそうに見えるのってなぜぇ~~~^^;...???
病院って今みたいのじゃいけないって...みんな洗脳されちまってるんじゃないのかいなぁ...?


自分の思い描いてる医療を全うしようとするなら...開業って形態しかないんだろうか...?
先立つ開業資金ファイナンスで思いついたんだけど...
患者さんには犬系とネコ系がいらっしゃるって先輩からお聞きしたことがある...
つまり...開業したらその主治医についてきてくださる方が犬系🌸
そうじゃなくって...実はその病院に通院してたって方が...ネコ系...^^
で...わたしの外来に来てくださってる方々は...犬系の方がどのくらいいらっしゃるのかわからないんだけど...Orz...もし...300人くらいの方がそうならば...それらの方々に説明して=インフォームドして同意いただけた方々から...50万円でも融資していただければ...1億5000万円は調達できるわけなんですよね🌸
で...メリットってのを、普段は自己負担分は頂かないって契約にする...で...軌道に乗ったらば...無利子で構わないなら...順々にお返しさせていただく...こういうのって虫がよすぎますかねぇ...^^;...?
診察室はいつも適温にして湿度も調節して...プライバシーは守られ...環境音楽、アロマの香りで溢れさせ、待ち合いではお茶は飲み放題!! 煙草も吸いたきゃ喫煙コーナーで吸っていただく!!...待ち合いの椅子はマッサーッジャー...待合室にも個室を設ける...PCも設置、DVDも見放題!!
自販機には...ダイエットドリンク=コーヒー、トマトジュースを...喫茶店には健康ランチ、ダイエットランチ、長寿ランチ、...コンビニコーナーもプールもジムも...難聴者には音声認識iPadを...近眼老眼にも自由に対応できる緊急眼鏡を...占い師の方にも参加してもらおう...催眠術師の方にも参加していただこう...自由恋愛コーナーも設けよう🌸...動けない方には車いすのままでもシャワー室を使っていただこう!!
院内調剤しよう...有効性と安全性が担保で来てる限り一番安いジェネリックを出そう!!...
予約制にして...急患はその限りにあらず...できない検査は近くの病院に予約して行ってもらおう...他科受診も入院必要時も上位病院に随時紹介/連携しよう!!...今と同じ24時間 on call 制にしよう!! ^^;...
旅行やら学会やらでいないときは...同業の先輩やら連携病院にヘルプしていただき空白がないようにしよう...患者さん方と一緒に旅行に行ったり遊んだりしよう🌸...病気の知識を啓蒙して学習していただこう...患者さんに講師になっていただき疾患教室を開いていただこう!!...得意なものをほかの興味を抱いてる方々にボランティアとして伝授していただける部屋を提供しよう!!...とにかく、利用者のニーズにつねに耳を傾け、独りよがりの大きなお世話にならないように...けっきょくコミュニケーションを濃密にすることなしには成り立たないはずなんだ..イコール...オーダーメードのサービス...上から目線の医療からの脱却...患者さん参加型=双方向性/フィードバック反映性なる...創造的なる医療...ルーチンな医療/クリパスからの脱却医療...それこそが全人的医療じゃないのかな?...患者中心と耳にたこできるくらい聞かされてきたけど...わたしの目の前に現出してるものはとんでもなく極北なるもの...だって、患者さんからのフィードバックなんてちっともなされちゃいないんだもの...ウィーン会議じゃあるまいに言葉だけが踊ってるだけで十年一日のごとき変化のない姿勢が貫かれてきたし現在進行形...だから...相手が変わらないなら...こっちが変わるしかないわなぁって思いが募るばかりなり...
こんなコンセプトで開業してみたいけど...同意=コンセントいただけた患者さん方からのファイナンスで医院を作っちゃ抵触しちゃう法律ってあるんだろうか...^^;...?


画像:http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィーン会議 より

イメージ 2
ウィーン会議の様子 Jean-Baptiste Isabey

イメージ 3
ウィーン体制下のヨーロッパ(1815年)

「ウィーン会議は、フランス革命ナポレオン戦争終結後のヨーロッパの秩序再建と領土分割を目的として、1814年9月1日から開催された。1792年より以前の状態に戻す正統主義を原則としたが、各国の利害が衝突して数ヶ月を経ても遅々として進捗せず、「会議は踊る、されど進まず」と評された。1815年3月にナポレオンエルバ島を脱出したとの報が入ると、危機感を抱いた各国の間で妥協が成立し、1815年6月9日にウィーン議定書が締結された。このウィーン議定書により出現したヨーロッパにおける国際秩序を「ウィーン体制」という。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィーン体制 より Orz~
「ウィーン体制(Vienna system, Vienna Settlement)とは、ウィーン会議(1814-1815年)以後のヨーロッパの国際秩序である。クリミア戦争(1853-1856年)によって完全に崩壊するまで続いた国際的体制であった。
ウィーン会議でフランス首相タレーランの主張した正統主義を基に、フランス革命以前の状態を復活させ、大国勢力均衡を図った。神聖同盟四国同盟らの列強を中心に、自由主義国民主義運動を抑圧した。一方で、その基本理念はヨーロッパの協調にあり、国家間の諸問題の解決に外交努力を惜しまなかったことから歴史的にみても比較的長期(見方によっては第一次世界大戦まで)の安定をヨーロッパにもたらした。
しかし、産業革命による市民生活の発展や大国間の利害関係の複雑化、あるいは1830年前後のギリシア独立戦争フランス7月革命などの動揺などから次第に枠組みが揺らぎ始め、1848年革命後に大国の被支配地域を中心にナショナリズムが先鋭化すると、体制を支えていた同盟国同士が自国の利益のみを追求するようになり、結局クリミア戦争を回避することができず崩壊した。」

*ナイチンゲールが活躍したれいの写真で記録されるようになった初めての戦争でしたね ^^

きょう...4月からの診療報酬体系の説明があったんだけど...プリンシプルは...いかに勤務医の疲弊を軽減するかってなスローガンなのにも関わらず...ふたを開けてみれば...またまたいろんな書類の山が増えるばかりって感じ...厚労省の役人は一体どんな頭してんだろ!!...これじゃまるで詐欺じゃないかい!!...
しかも...大病院にはメリットのようだけど...大多数の中小病院(300床以下)にゃ負担が増えるばかりの代物としか思えない...本気で考えてくれてるとはとてもじゃないけど思えなかった...???
勤務医のわたしが矛盾に思ってるのは...比較的健康な患者さんを中心に見てる開業医の方々の収入が勤務医の収入と数倍の開きがあるんだけど...実際に重症の方は開業医さんで振り分けられて病院に送られてくるわけで...それ以降は勤務医の仕事...しかも...多くの開業医さんは...夜は電話にゃ出られない...勤務医は普段は重症受け持ってれば...うかうかお酒も飲めず...夜中の電話にびくついてる...そういう仕事内容/医療の質は異なってる役割分担になってるわけで...ならば...開業医さんと同じくらいの収入にして欲しい...or...それ以上でもいいと思うけど...?...診療報酬の改定が開業医さんの点数を下げないのは...医師会の圧力なんだろか...?...再び在宅医療に誘導してるのは...医療費がべらぼうに伸びてるからなんだよね?...だったら...痛み分けで...開業医さんの点数を下げて収入は少し減っても仕方ないと思っていただいたっていいと思うんだけど...?
今の半分の収入になったって...まだ勤務医に比べたら...多いし...夜は飲めるし眠れるんだもの...Orz...
勤務医に対する仕事軽減策なんてのは...具体的なら...開業医さんと同じメリハリのある生活=QOLの向上にほかならないと思ってる...MRさんからいつも聞かされてる...開業医さんは勤務医に比べたらお元気だって!!...そりゃそうでしょねぇ...ゴールデンウィークも正月も勤務医は交代で日当直してる...学会くらいでっせ...羽を伸ばせるのは...病院経営者は...勤務医にoff time を与えると...それを補う人員が必要になるわけで...経費がかさむ...だから改善したくても無い袖は振れない悪循環...本当の姿は...公共施設も病院も...消防署や警察と同じく24時間オープンにしてるのが理想なのよね!!...それができないのはもっぱらマンパワー不足...市民病院でさえ...小児科、産婦人科、外科は疲弊して求められてたはずのサービス提供は機能不全...どこかおかしい...何かがおかしい...それともやっぱり...わたしがおかしい...^^;...?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

スモークマン
>ほるすたいんさんへ ^^
タバコをそこまで悪者にするなら売っちゃいけませんよねぇ...!!
売ってるなら...スモーカーも同じ患者なんだから差別しちゃいけません...敷地内禁煙なんて姑息なことじゃなくって...喫煙ルーム完備すべきだと思ってます...病院機能評価なんて...何の意味もない...地域の患者さんに評価してもらう方がずっといいはず...一種のみかじめ料をかすめ取られてるのとどこが違うんだろって...?
厚労省も医師会も本気度がないっていうか...厚労省は悪代官だしなぁ...
if...開業しても...愛煙家を雇うわけではないんだけどね...^^;
and...面接はいたしますよぉ~ ^^...Orz~

No title

ほるすたいん
先生。もし開院出来るならば私看護助手として雇ってくださいます?
病院機能評価って、何か意味あるんですか?
どこもかしこも喫煙イコール悪の枢軸のように言いますが、、、
ファイザー製薬と厚生省の悪巧みとしか思えないんですが

No title

スモークマン
>鍵コメ様へ ^^
黒字になればその分を皆にわける...but...赤字のときは痛み分けに絶えていただく...^^;...潰れたって...楽しい夢が見れそうでっしょ?
しょせん...人生って一炊の夢のごときものなり...🌸
Orz~

No title

スモークマン
>みぃにゃんさんへ ^^
なるほど...生協やら協同病院ってのはそうかもしれないなぁ...入院時にも協賛金を募られるって聞いてるけど...^^;...
待ち合いの時間を有効に利用してもらえばいいのよね?...お茶飲みながらの井戸端会議みたいな雰囲気になってれば...1人/静かにがいい人もいらっしゃるだろから...喫茶店ないみたいに...広い空間にいくつもテーブル置いておく...もう診察室よりもそっちの空間の方が広い!!...ナース件ウェイトレス!!...舞台もある...好きな人はそこで踊り歌える...🌸
それら網羅できなきゃ全人的医療なんて言葉を使えないと思うんだけどねぇ...^^;...Orz~

No title

みぃにゃん
昔の、一部の生協制病院に、似たのが有ったかも。
でも、確かに、待合室で、マッサージや、DVDを見られるのは無かったですよね。

最近は、小児科では、DVDが放映されている場合が有りますけど。
『禁煙当たり前!』だけで、治療が出来るか?
て、言うのは、あたしにも解りますので、
ポチして帰ります。
m(__)m
非公開コメント

トラックバック