合法的革命♪


イメージ 1

大阪ダブル選挙 笑顔で会見する橋下氏 2011年11月28日 12:07
大阪市長選で当選し、笑顔で記者会見する橋下徹氏=27日夜、大阪市北区」

橋下大阪市長の誕生は庶民は未だまともだったんだってことのアリバイの立証ね♪
行き過ぎた、既得権益だけを守る、維持できてればいいという保守/コンサバに、困窮者、庶民感覚ではどうして手を差し伸べた改革に本気で取り組んでくれないのかってな疑問が疑惑に変わり、救世主を待ってたのよね!! いくら我慢強いからって、その我慢にも限界があるけど...その庶民の我慢の上にあぐらをかいてた為政者、公務員、その他諸々の旧勢力/社会システムを変えたくない抵抗勢力/アンシャンレジュームに対しての市民革命じゃないのかな?
平成の竜馬と言ってもいい橋下さん ^^
ここから革命の狼煙が上がり、日本全体が新たな維新を迎えられるようになって欲しい!!
結果すべてが平等に(格差0)ってのは人の欲望と相容れないし、働く意欲は失墜することは歴史が証明したんだよね...?
すべてが公平に!! なんだよね...?
職業、信教、年齢、性別、...によって差別される格差の解消を!!
同じ国民なら、同じように働き、その働きによって、税を納め、嫌な仕事はみんなでローテーションする!!
多分それが公平なんじゃない?...
できないこともある、特殊なことは専門家に任せる...それは公平なこと!!
それを義務化してみな同じくやらにゃいけないってのは...公平じゃないだろう...
選択の自由度が大きな社会を!!
固定化した社会から夢大きな社会を!!
何でも固定化されたら...腐敗しやすいし、息苦しい...
どんな職業も社会全体では必須な存在!!
まじめに働けば、それに見合った生活が十分可能になる、保障された社会を!!
極端に言えば...働きたくないものの選択の自由も認めよう...
but...遊べる余裕はない最低限の保証は社会が容認してもいいくらいの自由度...
だって、キリギリスはアリさんに食べさせてもらわなきゃいけない身なんだから...
人は遊ぶために生まれてきてるのと裏腹に働かなきゃならない...
どうしてかというと...自給自足の生活でない限り...お互い様、相補的に生きて行かざるを得ないわけだから...一人で何でもできりゃ言うことないけど...そんなスーパーマンは神様を除いてどこにもいらっしゃらないのよ!!...自分に課せられた社会での義務ってのが仕事!! あとは...いかようにでも暮らせばいい!!
今のように、パンのみにて生きざるを得ないままの人々を見て見ぬ振りができる富裕層ってのは...人としての品位を損なってる...
大阪市民はそんな支配層に見切りをつけたのよね!!
真っ当なる革命♪
振り子のようになることは想定内だったろうに...?
現状維持でかまわないって思ってる人の方が少数派になってしまわないように、上手に掌で転がすすべを怠慢にも忘れて我が世の春を謳歌してた平家は破れるのは...世の常...^^

 盛者必衰(せいじゃひっすい)の理(ことわり)なり!!


イメージ 2

沙羅双樹といえば、かの有名な『平家物語』の冒頭に出てくる「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし たけき者もついには滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ」で有名な花だ。・・・東林院のは樹齢300年ということ・・・」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック