Jane's Krazy SALT...^^

イメージ 1
クレイジーソルト(左)とクレイジーペッパー(右)。
サイズは違うが値段は一緒。ちなみに「クレイジー」は“Crazy”ではなく“Krazy”。」

こういうの見つけてわたしにぴったりじゃんと思ってたものだから...
早速購入してたのが届いた♪
イメージ 3
まだ未体験ゾ~ン...^^

「一振りでシェフの味。ジェーン・クレイジーソルト
イメージ 2
     クレイジーソルトの生みの親 JANEおばさん(1)

1960年ニュージャージー州のジェーンおばさんは岩塩を削ってハーブやスパイスを加えてソルトミックス調味料を作り家庭で楽しんでおりました。 ジェーンおばさんの作るソルトミックス調味料はおいしいと近所でも評判でした。クリスマスになるとジェーンおばさんは親戚、子供、お世話になった人達にこの手作りのソルトミックス調味料をいっぱい作って配りました。もらった人からは美味しいと大評判!!みんな大喜びでした。友人達は「どんな料理でも美味しくしてしまうのだから商品化しなさい」とジェーンおばさんに強く勧めました。そしてジェーンおばさんはみんなの言葉を信じて手作りソルトミッ
クス調味料の商品化に取り組みます。すでに60歳代を迎えていたジェーンおばさんでした。
ジェーンおばさんは手作りのソルトミックス調味料に「クレイジー・ミックス・アップ・ソルト」と名付けて商品化に取り組みました。クレイジーとは「Crazy for you・あなたに夢中」の意味で「キッチンを楽しくする調味料」という意味を込めて「K」をあわせた造語で命名。商品化のきっかけとなったクリスマスにちなんで、アイキャッチに「赤」と「緑」のクリスマスカラーをデザインしたのです。
ある日ジェーンおばさんは東海岸一といわれる食品会社にクレイジーソルトの商品化を持ちかけました。陽気なジェーンおばさんはクレイジーソルトの商品化実現に向け三年間もの間熱心にこの会社に通い続けました。さすがに根負けした会社はその倉庫の一角に小さなスペースを設けてくれました。クレイジーソルトの製造の始まりです。
・・・
ある時ジェーンおばさんはニューヨークタイムズの取材でニクソン前大統領夫人とお会いする機会がありました。その時大統領夫人は「クレイジーソルトは何にでも合う万能調味料ですね。」と仰ったそうです。そこでジェーンおばさんは「いいえ。クレイジーソルトは9998の料理に合いますが、チョコレートとアイスクリームには合いません。」と答えたそうです。この話はクレイジーソルトの美味しさを全米に広げる大きな機会となりました。
その後も人々を喜ばせつづけたジェーンおばさんは93歳で亡くなるまで精力的に働きました。 明るいジェーンおばさんは晩年クレイジーソルトとめぐり合えて大変「ハッピー」であったと語っております。そしてクレイジーソルトはジェーンおばさんのオリジナルレシピのまま世界中の人々に今も変わらず愛されつづけています。」

素敵な話~~~♪
いいものは世界に羽ばたく/旗めく...パタパタ...^^

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック