偽物...

イメージ 1

画像:http://arisu-revolution.cocolog-nifty.com/arisufile/2007/10/post_5fed.html より Orz~

まぁ...世の中にゃ偽物がのうのうと跋扈してる...^^;...
本物を提供してよね!! 今日もまた甘言に釣られてしまった...^^;...巧言令色少なし仁...
どこのとは言わないけど...「香ばしいブラック」ってのについ手を伸ばし...
浮き浮きして帰宅して早速飲むも不味い...!! どうにかならぬか糠(ぬか)に釘...
そうやって民を騙し上げて儲けてどうするのって!!
いいものを提供しようとしてるのか疑問にしか思えない味...
どなたが味見してるんだろ...?
恥ずかしさってのが忘れられてしまってるのかなぁ...?
こんなものを世に出して、しかもお金まで巻き上げていいのだろうかって思うこころはいずこへ...

むかし、研修医の頃...ほとんど右も左もわからぬ頃...薬の包み方も看護婦さんに教えてもらいながらの当直だった頃...四六時中オーベン(自分を指導して下さる先輩)に教えを乞いながらの仕事だった頃...それまでもらってたシングルの給料から一気に30万くらいも手取りもらうようになったとき...こんなにもらっていいんだろうかってな疑問を感じてた...申し訳ないような気持ちになってた...
いまじゃ...全然思わないけどね...^^; Orz...
その頃は...自分と周りを比較しても未熟、また実地で吸収する時期/徒弟制こその熱いうちに打たれる鉄なんだって...いっぱい本も読んでたし...他の病院でもっと忙しく身に付けてる同期の連中に負けたくなかったし...当直も救急できなきゃ怖かったけどやらざるを得なかったし...しなきゃいつまでたっても恐怖は減らないんだから...みんな忙しい病院を希望してた♪
オーベンに夜の街にも連れて行ってもらい...朝まで飲んでてそのまま次の日の外来を酒臭さをマスクで隠しながらやってた...オーベンはよく飲んでたなぁ...で...アルコール性肝炎になったってその後聞こえてきたけど...そりゃなるわな~って素直に思えた...その頃はわたしも酒は強くなれてた ^^v
アルコールの代謝産物のアルデヒドって猛毒で...それを分解する酵素が食道にだけはなぜかしら少ないために食道がんは他の場所に比べたら70倍以上も多いってテレビで見た記憶があるけど...その後の病院は完全主治医性ばかり...うかうか飲んでたらしょっちゅう呼び出しくらってた...飲んでたらしんどいわけよ...で...ほとんど飲まなくなった/飲めなくなった...だから...桑田さんじゃないけど...食道がんにゃなりにくいかな?...このあいだ...教授から外来中に電話が入る...「おまえ最近血圧はどうなんだ?」「140/90くらいですけど...Cr(クレアチニン)が1超えてます...UA(尿酸)も9くらいで高いです...痛風にもなってます...」「バカか!! CKD(慢性腎臓病)なんだから...130/80だろが!!」「はい...」...^^; 「で...そろそろタバコ止めたら!!」「すいません...でも...飲めない、吸えない...じゃ、三重苦ですから生きてる意味がないんです...」「なんで?今のなら二重苦じゃないか!!?」「はっ、まぁ...ともかく...なかなか止めれそうにありません...ご心配くださりありがとうございました...」ってなやり取りあったんだけど...どういうこっちゃ?
急に電話して来られるなんて...院長がわたしの喫煙のことちくられたんだろなぁ...止めさせてもらえないかってな...^^;...有難いご配慮...でも...わたしゃ...肺がんになっても仕方ないから吸い続けるだろなぁ...我が輩(我が肺)は黒猫でありんす...最初は白猫だったと思うんだけど...^^;
医師会やら大学の医学部やらがJTにタバコの製造をストップするように言えばいいのよ!!
そうでないなら...分煙室を設ける病院にするべきなんだ...いまや...スモーカーの人権はない...?
病院の敷地内禁煙なんて発想は偽物!! 分煙がすっ飛んでるじゃない?
スモーカーは同じ患者じゃないっての...?
JTは...病院に分煙室を寄進すればいいんだよ!!

話は変わるけど...患者さんとの話が長引いてたら途中で待ちきれなくなって帰られる方がいらっしゃる...Orz...わたしが思うに...落ち着いてる方には3ヶ月でも処方すれば...今の1/3の外来患者数になる...そうすれば今の3倍話せる...そんなに長くは嫌だって方用には予約外来にきていただけるような選択肢を設ける...それでいいと思ってる...^^
だけど...じっさいは...慢性疾患指導料とか...外来に通われる数で点数=お金が入って来るようになってるからとしか(詳しくないまま書いてます...間違ってたら...ご免なさい Orz~)思えない...do処方のオンパレード...なんにも診てないとしか思えない...だったら...1年分でも処方したらいいのよ...^^;...しかも...理屈に合わない処方が垂れ流されてることがある...薬剤師さんもスルーしてる...?...誰もなぜ何も言わないの...?...面倒だから?...そりゃ駄目だ!!...ちゃんとみてないんだろうなって思う...前回も出てるなら同じだったらかまわないだろってな...前例主義...脊髄反射...前頭葉は使われてない...患者さんの変化は?薬の副作用は?
そりゃわたしだって...同じことばっかりしゃべってるなぁって思っちゃうときは...これをテープに採ってスイッチONにして使おうかと思うこともある...^^; だから...前頭葉が腐っちゃわないためにも...患者さんに、いつもわたしが言ってることって何でしたかねぇ?って逆質問してたり...^^v
また...他所の薬は何が出てるのか調べることを厭ってるとしか思えない重複処方...それをそのまま患者さんに尋ねることをしない薬剤師...診察する医師も偽物...それを漫然と調剤し続けてる薬剤師も偽物...薬だけ採りにきてたまに血圧は測ったらちっとも下がってない患者さんも多い...患者さんの方も偽物...
きちんとした問診もよく抜けてる...既往歴がない...薬剤アレルギー歴がない...まま...薬が処方できてる...みんな偽物...誰も忙しくて?そのまんま...みんな偽物同士で偽物の世界で生きてる...^^;?...Orz...
夫の勤めもろくにできてないわたしも偽物...
わたしのこころを盗んだ彼女は盗人...どさくさにまぎれて書いたり...Orz...
偽物にも三分の理(盗人にも三分の理 ぬすびとにも さんぶのり)ってなんだろうけど...^^;...

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック