ハード&ソフトリーダーシップ...^2

(続き)...^^

イメージ 1
リーダーシップは夫婦関係に学べ 高橋さんはまず、こんな例を挙げる。「例えば、高い目標に向かって常に努力する人がいるとします。(野球なら)イチロー選手のようにね。それ自体は素晴らしいことですが、もしその人が周りの人間も自分と同じだと思い込み、自分と同じことを要求して、自分のようにチャレンジしない人はダメだと思ったとしたら、あまりいいことではない。その人には『人間力』がない、ということになります」会社でも、同じことが言える。人によって「ドライブ」やパーソナリティーは異なるが、それを理解した上で互いに刷り合わせる努力をしなければいけない・・・自分の強い部分は、知って生かせばいい。相手の強い部分は尊重すればいい。相手が自分と同じように行動しなくても、「チームで一緒にやっていけばいい」と思えるようになることが「人間力」の成熟につながり、それこそがリーダーに必要なものなのだ、と・・・では、こうした人間力はどうやって身につければいいのか。「人間関係の“学び”はいろいろなところから得られますが、最初の学びは夫婦関係です」と高橋さんは断言する。例えば夫婦喧嘩をする理由として、よく「性格の不一致」が挙げられる。高橋さんは、こう説明する。相手に気を使う女性がいたとしよう。こういう女性が男性と恋人として付き合っている時は、一生懸命相手のことを考えて行動する。一方男性は彼女が気を使ってくれるから、それほど気が回らなくても構わない。しかし二人が夫婦になると、女性は男性と“一心同体”と感じるようになる。すると、夫である男性が他人に気配りをしないと「なんであなたは、他の人に気が使えないの」と言い出す。性格が違う男女が、一緒になった時に起きる問題のひとつだ。このように性格が異なる二人が夫婦になると喧嘩になるが、逆に性格が一致したらしたでまた喧嘩になる、と高橋さんは指摘する。「例えば旅行に行く時など、夫婦の両方とも『自分が仕切りたい』という性格の場合は、もめますよね」。男女が喧嘩をしないコツは、お互いに付き合わず一切話をしないことだ。しかし、夫婦関係というのは二人が付き合い、一緒に住むことから始まるわけだ。「夫婦の性格が同じでも違っても、どっちにしてもめる。ということは、お互いに同じ部分や違う部分を理解しあいながら、一歩引いてみたり協力したりして、付き合っていかないといけない。それが『人間力』なのです」と高橋さん。他人同士が一緒に住み、互いを理解しあうこと、これがリーダーとしての「人間力」を育てる。「だから、(事実婚であっても)結婚は絶対した方がいいですよ」と高橋さんは強調する。「これからは、ワークとライフの両方がなければいけない。少子高齢化社会ですから、男だから女だからということではなく、男性にも『人間力』のある『ソフト系リーダーシップ』が求められているのです」
年代別、キャリアプランの立てかたは・・・リーダーになる素質に男女差はないと指摘する高橋さん。・・・上昇志向があり、リーダーになりたいと思う気持ちは個人によって現れ方が異なる。「だから自分らしく生きるためには、『自分は、本当はどうしたいのか』を自問自答するべきです。“好きを仕事にする”というだけでなく、自分が自然体で一番パフォーマンスを発揮できる働き方とはどういうものなのか、考えるのです」。自分らしい働き方は、会社に入ってすぐにわかるわけではない、と高橋さんは言う。よく、若いうちから3年後、5年後のキャリアを考えろ、と言われるが…。「いや、20代は試行錯誤でいいんですよ」・・・「若い時に、こんな職につきたい、将来こうなりたいと夢を持っていたとしたら、それは十中八九“誤解”。夢を持つのがいけないとは言いませんが、(本当の自分に気づいた時に)思い込みを捨て去る勇気が20代には欲しいですね」  社会に出て5~6年、20代のうちは試行錯誤しながら幅広く、社会人として基礎的な人間力をつける。30代は、これはと思う分野を徹底的に伸ばし、自分のキャリアを作る。40代は、過去に投資したものを目に見える成果に変えていく。50代はガツガツやらず一歩引いて、部下を育てるなど自分のためだけでなく長期的、社会的に働いていくといい、と高橋さんは言う。「自分は何によって『ドライブ』されているかを、しっかり見つめ直すことです。・・・ 』
ほんとうかなぁ...? 男女が同じものを目指すとしたら...この世に神様がわざわざ異なる性をつくらなかったんじゃないのかなぁ...? 違ってて/相補的でいいんじゃないのかなぁ...? それに...「なんでお前の言うことを聞かなくっちゃいけないんだ」ってな暴言は...ミッションをわかってないからってことではないの...? 納得しないまましてる/できること自体が問題だと思うけど...?...わたしは少なくとも納得できないことにゃ与しない/できないけど...?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック