カフェ・ド・ランブル (CAFE DE L’MBRE)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こないだ立ち寄った茶店です♪
雑誌に載ってた歴史ある銀座で最も有名なお店ってなフレーズに誘われたミーハーなわたしです...v
銀座のホコテンから一本入った閑静な場所...
レトロな店内...すこし薄暗くって...壁にはわたし好みのアートが...^^v
ブレンドNo 3(濃い目、ブラックオンリー)を注文...
カップ小ぶりなのが...残念だったけど...だって...早く飲まなきゃ冷めちゃう...^^;
やっぱり、お熱いのじゃなきゃコーヒーじゃないもの...^^
雰囲気のあるお店で...お忍びにいいなあ...なんて...?
...不純なる発想こそ正当なんだと思いたいわたしです...^^v


http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002564/ より Orz~
「オレンジ色の年季の入った看板に 『コーヒーだけの店』。 銀座8丁目から一本昭和通に入った路地に面してます。 有名な『銀座の母』の占いのお店もすぐ近く。」

カフェ・ド・ランブル (CAFE DE L’MBRE)
TEL 03-3571-1551
住所 東京都中央区銀座8-10-15
交通手段
JR・東京メトロ・都営地下鉄銀座線新橋駅 徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線 徒歩7分
営業時間
[月?土] 12:00~22:00
[日・祝] 12:00~19:00 ランチ営業、日曜営業
定休日無休
個室 無
駐車場無
全面喫煙可
ホームページhttp://www.h6.dion.ne.jp/~lambre/

http://blog.livedoor.jp/blueslime/archives/51658654.html より Orz~
「コーヒーほど『正解』のない嗜好品も少ない。
大抵の嗜好品は、『道』とも言うべきマニアの迷宮があり、果てることのない蘊蓄と自慢と散財がその道に横たわっている。 その道は何となく高みに向かって登っているように見えるし、 ゴールが近そうな誤解を与えるワナが沢山しこまれている。
ところが、コーヒーには、そういったメルクマールがまったく指定されていない。
コーヒー道みたいなものはどこにもないのである。
なぜなら、各国各地で飲み方や、嗜好が全く異なっており、 一定の評価を与えにくい。
「本来の飲み方」のようなルーツが薄く、産地では、大抵ものすごく甘くして飲むか、そもそもコーヒーを飲む習慣すらなかったりする。 ・・・
が、 その「コーヒー道」を地でいくような店を発見。 ・・・
どんなコーヒーが好きかと問われれば、カフェ・ド・ランブルで淹れてくれるコーヒーと答えれば良いという気持ちになっている。」

う~ん...まだまだ修業が足りないようです...一番のお勧めを飲ませてって頼めばよかったなあ・・・
もう一回チャレンジしなくっちゃ...^^;v

一度は行きたいコーヒーの名店
http://kersol.net/magazine/vol5/14 参照

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック