コーヒーは認知症を低減させる!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

カロリンスカ研究所(ストックホルム)とクオピド大学(フィンランド・クオピオ)の Miia Kivipelto准教授らは、中年期におけるコーヒー摂取が高齢期における認知症またはアルツハイマー病(AD)リスクを減少させる可能性があることが明らかになったと Journal of Alzheimer's Disease (2009; 16: 85-91) に発表した。
1日3~5杯でリスク65%減
「この研究の目的は、中高年のコーヒー・紅茶の摂取と高齢期の認知症やADリスクの関連性を解明することであった。カフェインが中枢神経系に及ぼす長期的な影響はいまだに解明されておらず、ADに至る病理学的過程は、ADの臨床症状が発現する数十年前から始まっている可能性があるからだ」と述べている。
紅茶との関連性は認められず
・・・                                       」

いぜん、コーヒーの肝庇護作用の記事をアップしたと記憶していますが、、、認知症も予防できるなんて、、、その作用機序はともかく、、、嬉しいニュースですね♪
コーヒーをお茶代わりに飲んでる国は(しかも高齢者の比率で標準化して)わが国に比べたら、、、認知症の割合は少ないって状況があるのでしょうかね・・・?

画像:www.bloom-s.net/ kanri/coffee.htm より Orz~
「コーヒーの豆が収穫できるくらいだから、原産地はブラジルだと思いがちですが・・・、
実はアジアやアフリカの熱帯で、約40種が分布します。観葉植物にしているアラビカ(アラビアコーヒー)は エチオピア原産で、高さは10mにもなるんです。枝が充実してくると、やがて白い花が咲き、3ヶ月ほどたつと緑色の果実が徐々に赤色、紫色のチェリー・ビーンになってくるんですよ♪
そのまま食べても美味しい実で、中に入っている2個の種子を乾燥させて焙煎したものがコーヒー豆になるんです。・・・」

画像:www.minori-cafe.com/ より Orz~
画像: item.rakuten.co.jp/ sawaicoffee-tea/i-g-k-kh03-01/ より Orz~

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

スモークマン
>脳疾患さん、いらっしゃいませ ^^
緑茶にも前頭葉刺激作用が認められてるはず・・・人類は神経細胞を適度に刺激してくれるものを見つける鋭い嗅覚を持ってたのでしょうかねえ...サバンナの乾期に水が出てくる場所を掘っちゃう像と同じような能力が備わってるのに、、、使わないから退化しちゃってるだけで...便利な文明を作り上げていく過程でそれと裏腹忘れてしまったものがゴロゴロあるのかもしれません...歌を忘れられてるだけならば、、、思い出せるかも知れないけどね...^^;
もはや喪失しちゃったんじゃないかってな気もしてる...

No title

医療用品の企画
ありがとです☆
非公開コメント

トラックバック