2-1853:サイコロの目の数だけ、正五角形の頂点を移動する...基本 ^^

収穫ぅ〜2020927

*自給自足...大団円...実りの収穫 ^^
今晩9:00〜半沢直樹最終回...先週観忘れちゃったから...忘れまじ!! ^^v


問題 2-1853・・・https://blog.goo.ne.jp/0424725533/c/e5b5c42c4b9d2f14213723fe06884efc/2
より 引用 Orz〜

図1は正五角形ABCDEで、点Pは頂点Aの位置にある。


▲図1.問題図

1から6までの目が出る大小1つずつのさいころを同時に1回投げる。
大きいさいころの出た目の数をa、小さいさいころの出た目の数をbとする。
点Pは、頂点Aを出発して、出た目の数の和a+bだけ正五角形の頂点上を反時計回り(矢印の方向)に移動する。例えばa+b=6のとき、点Pは頂点Bの位置にある。
点Pが頂点Eの位置にある確率を求めよ。
ただし、大小2つのさいころはともに、1から6までのどの目が出ることも同様に確からしいものとする。











































解答

・わたしの...

2*6=12
so...
4=1+3=2+2
9=3+6=4+5
so...4*2/6^2=2/9

ね ^^

バグってます ^^; Orz...

・鍵コメT様からのもの Orz〜

(大のさいころの目,小のさいころの目)として,条件を満たすのは,
(1,3),(2,2),(3,1),(3,6),(4,5),(5,4),(6,3)の7通りです.
確率は,7/36となります.

*だめだこりゃ...^^;
なぜか区別できると思い込んでしまいました...^^;;

関連記事
スポンサーサイト



コメント

>鍵コメT様へ ^^

スモークマン
あっ...でしたわ... ^^;
紹介させていただきまっす〜m(_ _)m〜v

管理人のみ閲覧できます

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント