偶然の一致?...(パフェの日=6月28日) ☆

たまたま見つけたお話 ^^

画像:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/55173 より 引用 Orz~
イメージ 1

6月28日は日本では「パフェの日」とされていることはご存じですか?
「パフェ」とは、そもそもフランスの料理人が、「完全なデザート」をめざしてつくったものでした。そのためフランス語で「完全な」という意味の 「parfait」(フランス語の発音では「パルフェ」)と名づけられ、その英語読みの「パフェ」が一般に広まりました。・・・さて、日本のスイーツ業界が「パフェの日」を定めるにあたり、「完全」に関係のある日にしようということになりました。そこで選ばれたのが、巨人軍の藤本英雄投手が1950年に日本で初めて完全試合を達成した6月28日だったのです。・・・ブルーバックス編集部のYはある日、テレビでこのことを知っていたく感心し、翌日、さっそく編集部でこの話をドヤ顔で語りました。ところが、そのとたん、聞いていた部員Zが、「えーっ! 信じられない!」と、驚きの声をあげたのです。これには逆に、Yのほうがびっくりしました。
ここからが本当の問題です。「パフェの日」の由来を聞いた編集部員Zは、なぜ驚いたのでしょうか? 少しのあいだ、考えてみてください。
Zがなぜそれほど驚いたか? それは、6と28がどちらも「完全数」だからです。完全数(英語ではperfect number)とは、その数の約数から、その数自身を除いたものの和が、その数自身と等しくなる自然数のことです。なんと、「6月28日」とは、完全数だけでできている日、まさに完全無欠の「パフェな」日なのです! つまり、史上初の完全試合達成にちなんで選ばれた「パフェの日」が、よりによって、そのような日だったのです! 数学オタクのZはYの話を聞いて瞬時にそれに気づき、驚いたというわけでした。いちおう調べてみると、28の次に大きい完全数は496……。もちろん、カレンダーには存在しません。というより、そもそもカレンダーに登場する完全数は6と28だけ。つまり6月28日は、1年で唯一の「オンリー完全数」の日なのです! ・・・ちなみに、当時の日本球界には、この大記録を表現する用語がまだありませんでした。アメリカでは「パーフェクト・ゲーム」ということがわかり、ならばと「完全試合」と直訳されたのだそうです。「パフェの日」に隠された驚きの事実、いかがでしたか? いやー、こんな偶然があるものなんですね。「藤本英雄が日本初の完全試合を達成した日は、暦の上で唯一、完全数だけでできた日だった」・・・
*ほんまに偶然にしてはできすぎてる話ですよねぇ☆
事実は小説よりも奇なりを地で行ってますわね!!!
パフェの日にこんな蘊蓄話をしても喜んでくれるお相手はなし...^^;
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック