O2 ナノバブルで血液の酸素化ってのは…^^?

血液の酸素化は…いまだに人工血液ってのが上梓されないところを見ると技術的な壁のブレークスルーが果たされてないんでしょうねぇ…^^;
となると...やっぱり...人工肺と相場は決まっちゃうんだろうけど…^^;
これって、人工鰓みたいなものだと思う…

画像:http://blog.goo.ne.jp/nobutoshi3/m/201210/1 より 引用 Orz~
イメージ 1


でも…最近、以下のような酸素供給薬?が開発されたよう!!

Injecting life-saving oxygen into a vein
Date: June 27, 2012
Source: Children's Hospital Boston
Summary: Patients unable to breathe because of acute lung failure or an obstructed airway need another way to get oxygen to their blood -- and fast -- to avoid cardiac arrest and brain injury. Medical researchers have designed tiny, gas-filled microparticles that can be injected directly into the bloodstream to quickly oxygenate the blood. 」

これが、目立った副作用もなければ凄い代物だけど
だって、呼吸不全になろうがなんのその、持続点滴をしてれば生活できちゃいそうじゃん♪

わたしゃ、ちょいと閃いたんだけど...
先日触れたナノバブル・・・あれ!!
この酸素(O2)版が、血液中でも凝固機構を活性化しなければ…
この点滴でいけそうじゃん ^^♪
やっぱり、O2に血液が直に触れたら...凝固しちゃうんだろうか知らん???
空気を血管内に誤っていれたときやばいのは、空気塞栓になっちゃうからだったはずで…ナノレベルならその恐れもないし...
凝固するからって話は寡聞にして聞かなかったりするんだけど…^^;
もし凝固をNOACで阻止できるなら…できそうな気も☆

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック