思えば遠くに来たもんだ...

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

娘がわたしの両親宅に結婚の挨拶に行ったらしい…
そこで過去の写真をもらって来たのを眺めてた…
このあいだ、◯◯◯生還○祝賀パーティの勢揃いの写真を見たとき、Who are you ?
ってな感慨ばかりに囚われてたわたしだったけど…Orz
この写真を見たら…今度は逆にむかしのわたしも含めた家族に対して同じ感慨を抱いちゃった…^^;
Who am I ?…
Where am I ?…
ときはすべてを風化させちゃう…^^;;
いまの連続を生きて来たはずなのに…
いまからの連続してるはずのその過去が思い出せない...
母もわが子もわたしもたしかにそこにいたという事実が烙印された写真だけが残ってる…
思い出はおぼろげに、デフォルメされて、フェードアウトされてる…
同じく...未来もいまの連続のはずだのに...霞んで見えやしない…
so…手探りで...何やかやにぶつかりながら進むしかないわけね…
道が見えてる気がしてるだけで...そんな道なんてありゃしない…
いまは、過去から見たら未来だった…
いまという未来を誰も見えちゃいなかったはずなのよ…
and...この先の未来から見たら過去のいまも...より未来のわたしから見たら…
同じ感慨に耽るに違いないことは想像つきそう…^^;
but…
それが生きること…不確実/不確定/不定であるからこそ…
これからも夢を描いて歩けるだけ歩むだけ…^^

イメージ 5
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック