τ (Tau / タウ)…といえば...

この記号は知らなかったけど…

http://ja.wikipedia.org/wiki/Τ_(数学定数) より Orz~
τ(タウ)は、周長半径に対する比率として定義される数学定数である。その値は、約6.28319である。」

つまりは…τ=2π のことなのね ^^
but…文字の形(形象文字 ^^;)からしたら…
2τ=π なんだけどなぁ…^^

数字に興味がある人なら6月28日という日付を見て気付くでしょう。
6.28318530717958647692528676655900576839433879875021164194988
Happy Tau Day!
2πのことをτ(タウ)と言うらしい
また、6も28も完全数なので、完全数の日でもある・・・」

タウ(Tau)で...思い出したわ ^^

イメージ 1
アルツハイマー病の確固たる原因は未だほとんど解明されていません。アルツハイマー病での特徴的な病理所見としてアミロイドベータ蛋白質(Aβ)が蓄積した老人斑や、リン酸化タウ蛋白質が蓄積した神経原線維変化は有名です。これら蛋白質は、本来、正常な機能を果たしていたものがやがて様々な修飾を受け異常化し、神経細胞の内側や外側に蓄積したためと考えられます。異常蛋白質の蓄積は、アルツハイマー病の他にパーキンソン病や脊髄小脳変性症など多くの神経変性疾患(神経難病)で観察されます。近年、これら異常蛋白質が蓄積した神経変性疾患を「コンフォメーション(構造)病」と総称しています。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/アルツハイマー型認知症の生化学 より Orz~
アルツハイマー型認知症は、タウタンパク質の異常凝集が原因となるタウオパチーと呼ばれる疾患の一種であると考えられている。タウタンパク質は神経細胞で発現している微小管随伴タンパク質で、普段は細胞骨格において微小管の安定化に働いている。他の微小管随伴タンパク質と同じく、タウも普段はリン酸化による調節を受けている。しかしアルツハイマー型認知症の患者を調べてみると、過剰リン酸化されたタウ同士がペアを組んで螺旋状の線維を形成し、それが神経細胞体の内部で神経原線維のもつれ(neurofibrillary tangles)やジストロフィー性神経突起(dystrophic neurites)などとして知られるアミロイド斑に付随する塊として沈着していることが分かった。線維形成のプロセスに関してはほとんど未解明のままだが、最近の研究結果から、パーブリン(parvulin)というタンパク質ファミリーに属するプロリルイソメラーゼの一種を欠損させると、異常タウの蓄積が亢進されることが分かっている
神経伝達物質アセチルコリンの量は低下する。同じく神経伝達物質であるセロトニンノルエピネフリンソマトスタチンの量にも減少が見られることが多い。グルタミン酸の量はたいてい増加する。」

イメージ 2

動脈硬化になると
血管壁に石灰沈着が起こるのですが…
なぜそうなるのか?…
調べたものをまたアップしたいと思います ^^
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック